まずは、信用取引って何、知っておきたい事!

信用取引とはお金や株式を借りて取引することだ!

株式投資をやっている人と話をしていると、信用取引をして利益を得たという話題が出てくることがありますが、投資初心者にとってはあまりなじみのない言葉ですから「何のことだろう?」と不思議に思うかもしれません。金融資産投資の世界で知らない言葉が出てくると「危ない取引かも?」と思うかもしれませんが、信用取引の仕組みが解れば、そんなに恐れる必要はありません。 信用取引の「信用」はクレジットカードのクレジットと同じ意味で、証券会社等の金融商品取引業者が、顧客を信用して株式や資金を貸し出すことから付いた名前です。顧客は、証券会社等から借りた資金で株式を購入し、その後が価格が上がったら売却します。そうすることによって利益が得られますが、業者とはその差額だけをやり取りする点がポイントです。つまり投資額そのものを用意する必要がないのです。株式を借りた場合は先に売って、価格が下がってから購入することで差益が得られるでしょう。

信用取引はリスクもあるがメリットも大きい!

信用取引はお金か株式を業者から貸してもらって取引しますが、業者としても何の担保も取らず貸し出すことはできませんので、委託保証金と呼ばれるお金を差し出す必要があります。これは担保ですので、質屋で質草を預けるのと似たようなものだと考えればいいでしょう。取引が終わって無事返済が可能になれば、その委託保証金は返してくれます。 信用取引の仕組みで最も大事なポイントは、この委託保証金は、取引しようとしている金額(借りるお金の金額や借りる株式の時価)の30%などで良いという点です。つまり、100万円の取引をしようと思ったら30万円の自己資金があればよいのです。これによって、少ない資金であっても大きな取引ができ、最終的に差益が出ればそれを手にすることができますので、委託保証金を元本見合い(自分が最初に投じたお金)と考えると利回りが良くなるというのがメリットといえるでしょう。注意点としては、その逆もあり得るため損をすることもありますが、やってみたい人はまずは仕組みを理解し、少額から始めてみるといいでしょう。