信用取引でこんなことが出来るぞ!メリットがいっぱい!

株主優待の権利を取りやすい

信用取引を活用すると、信用売りという取引が出来ますが、この信用売りの取引を利用して株主優待の権利を取りやすくなるメリットがあります。 株主優待とは、企業が株主に対して配当金以外の物やサービスで利益を還元する仕組みであり、企業が販売する商品や商品券など様々な優待が受けられます。株主優待を受け取る条件は、その会社が定める優待の権利日に現物の株式を保有していることが条件となり、権利日に保有するだけで優待を受けられます。しかし、株主優待の内容が人気の企業は優待の権利日にかけて徐々に株価は上がり始め、権利日の翌日は優待の権利だけを目的に現物株を所有している人が売却に走るため、ほとんどの場合下落することになります。現物株だけを取引する場合は、権利日の株価の下落による損失で、優待以上の不利益を被るリスクがありますが、信用売りの取引を利用することで、権利日翌日の下落による損失をカバー出来るので、有利な条件で株主優待の権利を得られるのです。

信用売りの種類を確認する

株主優待の権利を有利に取得するには、現物買いと信用売りで同じ株価で両方のポジションを取ることが有効ですが、信用売りの種類について理解しておくことが重要です。 信用取引には、制度信用と一般信用の二種類があり、制度信用は各証券取引所が決めた銘柄や反対売買の期日が設けられており、一般信用に関しては、各証券会社が定めています。信用売りについて注意すべきポイントは、品薄の株式を信用売りした場合に、金利以外の手数料が必要なケースがあることです。信用売りの取引では、手元にない株券を証券会社から借りてその時点での株価で売却し、一旦現金を得ます。借りた株券は期日までに返さないといけませんが、品薄の株式の場合は、逆日歩という手数料が発生すると借りた株券を返すまで1日につき、所定の手数料を支払わなければなりません。しかし、一般信用制度での信用売りでは、この逆日歩を支払う必要がないので、株主優待の権利を取るための手段として有効に利用できます。一般信用での信用売りは、制度信用よりも金利が高いですが、株主優待の権利を取る目的ではポジションを持つ期間が限られていますので、気にするレベルではありません。