信用取引でこんなリスクがデメリットも知っておこう!

ハイリスク・ハイリターンな信用取引

信用取引というのは、現在の資本よりも大きな取引をすることができる取引方法です。株取引というのは、基本的に持っている資本でした取引ができませんよね。100万円しか持っていないのであれば、100万円分の取引しかすることができないのが現物株の取引です。しかし信用取引であれば、100万円しか持っていなくとも、300万円の取引をすることができるようになります。すなわち、お金や株式を借りて取引をするのが信用取引なのです。 このように、能力以上の取引をすることを、レバレッジを利かせるといいますが、これは言ってみれば諸刃の剣なのです。レバレッジというのは「てこ」のことですが、てこの原理によって小さな力で大きなものを動かすことができるという意味です。てこで物を動かすとき、確かに力入りませんが、その分物にかかる負担は大きくなってしまいます。要するに、信用取引ではより大きな取引ができるようになりますが、失敗をすればその分その損失も大きくなってしまうという、ハイリスク・ハイリターンな取引方法なのです。

金利と期限がついてしまう

現物株の取引きの場合、たとえ一時的に株価が下がったとしても、長く保有していれば株価が再び上昇することがあるかもしれません。しかし信用取引は、こうした現物株のような長期的なやり方がしにくい取引方法です。というのも、信用取引には金利と期限が設けられているからです。 お金や株を借りて取引をするわけだから、もちろんその分の金利を支払わなければならなくなりますね。したがって、信用取引においては長期的に保有していればしているほどに金利が嵩んで損失も膨らんでしまうかもしれないわけです。それから、信用取引の中でも制度信用取引と呼ばれる取引では、6か月という期限が設けられており、いかに儲かっていたとしても6か月たてば反対売買をしなければならなくなるのです。したがって、信用取引は長期的な視野での取引には向いておらず、やるなら短期決戦でやらなければならないのです。しかしながら、取引に幅を持たせるという意味では信用取引は有用であり、現物株の取引と信用取引を合わせながらやっていくというのが、最も賢いやり方でしょう。